鬱の診断を受けたら|専門医の力を借りて治療に励みましょう

女医

迷わずに助けを求めて

カウンセリング

ひどく落ち込む人がいたら

日常生活を普通に送っている上でもストレスはいろいろあるので、憂鬱になることが全くないという人はほとんどいないでしょう。そのため普段から物静かな人の場合には、たとえ鬱病にかかっていてもまわりの人からは気づかれにくいことも多いものです。しかし鬱病は放っておくと症状がだんだん悪化していくことが多いので、医療機関で早期に正しい診断を受けることが非常に重要です。鬱病という診断を受けて適切な治療を開始し、症状を改善するために必要な薬の投与を受ければ、それほど症状が深刻化しないうちに完全に回復することも可能だからです。現在、日本では自殺者の多いことがたびたびニュースにもなっていますが、自殺者の中には鬱病が原因であるという人が少なくありません。分類上は健康上の理由となっていますが、その多くは鬱病の患者であるといわれているのです。したがって、身近に最近目に見えて元気を無くしているような人がいたら、周囲の人々が気にかけてあげることが大切です。その人の話をよく聞いて、さりげなく医師の診断を受けるよう勧められれば一番よいといえます。

もうタブーではありません

以前は、元気がない人に精神科や心療内科で診断を受けるように勧めなどしたら気分を害されてしまうことがありました。しかし今では精神疾患に対する人々の理解も昔とは比べものにならないほど進んでいます。もちろん今でも偏見を持っている人がいなくなったわけではありませんが、ストレスで心身の調子を崩してしまう人はどこにでも見受けられるので、誰にとっても他人事ではなくなったということがいえるでしょう。精神疾患の中でも、特に鬱病は最近ではほとんどタブー視されることもなくなった病気のひとつです。鬱病は会社員、学校の先生、医師など、どのような職業の人にも起こる病気であり、しかも特徴としてまじめな性格の人によく見られる病気であるためと思われます。このように社会の見方も変化した現在、憂鬱な気持ちを抱えたまま毎日を過ごすのは決してよいこととはいえません。自分自身や身近な人が憂鬱に沈み込んでいる場合には、一刻も早く専門医の診断を受け、適切な治療によって元気を取り戻せるように一歩を踏み出すことが大事です。

自分を受け入れて病院へ

治療

鬱病の症状は様々ですし、人によっていろいろあります。なので、自分で診断するのは非常に難しいことです。まずは、自分も鬱病にかかるかもしれない、と疑うということも大切ですし、鬱病という病気を受け入れることも大切です。

詳細を確認する

精神科の新しい検査法

座り込む男性

抑鬱状態にある患者が精神科や心療内科を受診すると、医師は「その状態がいつから続いているのか」「家族に鬱病の人がいるか」などの問診によって病気かどうかを診断します。しかし最近では鬱病の有無を科学的に診断できる光トポグラフィーという検査法を導入する医師も増えています。

詳細を確認する

気分の浮き沈みを治す

背のびをする女性

「鬱」を含めた精神科治療は、日進月歩であり、今も発展途上の治療領域と言えます。このため、新しい知見の発見や治療法の開発が常に行われており、それに伴い診断基準も変化しています。特に慢性的な「鬱」に悩まれている方は、より正確な診断のためにセカンドオピニオンを検討するのも選択肢の1つかもしれません。

詳細を確認する

素行に変化が現れます

相談

鬱病はストレス耐性の違いによって抑鬱状態を引き起こします。診断されると抗鬱薬により、減少した神経伝達物質の量を整えていきます。並行して睡眠障害や不安を取り除くために睡眠薬や抗不安薬を投与して回復させていきます。

詳細を確認する

生活習慣と精神病予防

男性

鬱のセルフチェックサイトによる診断テストにおいて、もし自分が鬱病の診断項目の多くに当てはまっていた場合の対処方法について簡単にまとめています。鬱病のチェック項目の多くに当てはまっていたとしても慌てず、まずは医師に相談をしてしっかりとした確認をする事が大切です。

詳細を確認する